株式会社インテリム
おかげさまでインテリムは15周年を迎えました。

Accelerating Global Drug Development

インテリムのモニターについて

インテリムのモニターがどんなことを考え、どんなことを大事にしているのか、ご紹介します。
臨床試験の開始前から試験そのものにおいてぶつかった困難な点、難しいシチュエーションをインテリムならではの努力とアイデアで乗り越え、お客様だけでなく、治験関係者全員の利益や安全を守るための奮闘ぶりをご紹介します。

リンク先は、インテリムのオウンドメディアLiGHTHOUSEになります。

インテリムのオンコロジーモニターに聞いてみた
―”当たり前”の変化と広範囲へのアンテナ―

新型コロナウイルスの流行により、医療機関に伺う機会を減らさざるを得なかったモニターは、どんな工夫をし、どんな意識改革を行ったのか?

インテリムのオンコロジーモニターに聞いてみた
―症例登録への工夫、コロナ禍への順応―

臨床試験において時としてぶつかる【候補症例の少なさ】。インテリムのモニターが、この問題にどう立ち向かい、どう解決したのか。また、薬剤ではなく手術であることの難しさとは――?

インテリムのオンコロジーモニターに聞いてみた
―BE試験担当者が気づいた、さまざまな視点に立って考えること vol.2―

本BE試験の要件は、海外先行試験と同じ方法を踏襲すること――。そのためには、海外の試験で使用した大型の機材を搬入したり、海外のスタッフもまとめあげる必要が。限られた選択肢の中で活用できる手法を最大限に活用した経験をご紹介します。

インテリムのオンコロジーモニターに聞いてみた
―BE試験担当者が気づいた、さまざまな視点に立って考えること vol.1―

後発品開発 - BE試験-に際して、モニターが直面した試験受け入れの表面の少なさ。
とある先生に問われた「患者さん本人や患者さんにこの薬を勧められるのか?」という質問に対して、真剣に取り組んだモニターのインタビューをご紹介します。

インテリムのモニターについてに関する

お問い合わせ・ご相談・ご依頼

インテリムのモニターについてに関するお問い合わせはこちらからお受けしております。
どうぞお気軽にご利用くださいませ。